AAJ SPECIAL 過去ページ

            NPO法人アート・トラストと共同で第一回「日本美術アカデミー アートセミナー」を開催、

         当協会専務理事・遠藤欽久が講師を務めました

         (2016年5月8日、15時~16時半+質疑応答、於アート・トラスト/赤坂)。

 

        「葛飾北斎×レオナルド・ダ・ヴィンチ」と題して、代表的な北斎作品や北斎のエピソードの紹介

         をはじめ、ダ・ヴィンチとの共通点を挙げ、また比較をしながら、双方の画家の偉大さや面白さを

         レクチャーしました。

         講演の後は、白熱した質疑応答が長時間行われ、参加者同士、様々な視点や興味のあることを

                        学び合い、そして疑問を解決することもでき、とても充実した時間になったようです。

         セミナーの最中にお菓子とワインが出され、会場はリラックスした楽しい空間となっていました。

         講演終了後も雑談に花が咲き、すでに次回を楽しみにする声が上がっていました。

                     毛利三郎氏、近藤豊三郎氏主催の第二回「サロン・de・2016」において、当協会専務理事 ・遠藤欽久が

                     講演を行いました

                      (2016年3月23日水曜日、13時~16時半、於渋谷区ウィメンズプラザ)。

 

                   「日本の美を発信し続けた、葛飾北斎ワールドについて語る」と題して『北斎漫画』、浮世絵、肉筆画

                    といった北斎作品や、北斎のエピソードについてレクチャーしました。さらに、海外での北斎の評価や、

                    海外の画家へ与えた影響などにも触れ、「なぜ、今、北斎が面白いか」について遠藤専務理事が熱く

                    語りました。

                    配布した資料や、2014年秋から2015年にかけてフランス・パリで開催された北斎の展覧会図録を真剣に

                    見入っていた方たちの姿や、講演中に流された北斎のVTRが終了した途端、一斉に拍手が巻き起こった

                    ことなどから、受講者の皆さんが北斎に魅了された様子がうかがえました。休憩時間には積極的に質問

                    される方が多く、北斎への関心の高まりが感じられたセミナーでした。

                         TOKYO MXでは昨年3月7日放送の「葛飾北斎 驚異の世界Part1 パリを 熱狂させたHOKUSAI」

                         を皮切りに、5月の大型連休には「葛飾北斎 驚異の世界 Part2 巨匠北斎 名画誕生の秘密」、

                        「浮世絵スペシャル 北斎と江戸を彩った浮世絵師たち」を二夜連続放送しましたが、本年正月

         2日に北斎スペシャルの集大成ともいえる「美の歴史を変えた風雲児 葛飾北斎」を開局20周年

         記念の新春特別番組として放送しました。

                        今回のスペシャルではナビゲーターを、自身も画家として活躍し、北斎を大好きと公言する

                        片岡鶴太郎氏が担当。これまでとは違った雰囲気を番組に与えています。番組では北斎が海外

        で評価されるに至った経緯や、北斎を崇拝し、彼の手法を取り入れた作品を残した印象派の

                        巨匠モネとの関連などを紹介。インターナショナルな北斎の魅力に迫り、視聴者から大変好評

                        を博しました。AAJでは遠藤専務理事がこれらの番組全ての監修を務めました(藤ひさし名)。

この「生誕290周年 勝川春章ー北斎誕生の系譜」展は、

2016年2月2日(火)から3月27日(日)まで開催されました。

詳細は下記のリンクをご参照下さい。

http://www.ukiyoe-ota-muse.jp/exhibition/2015_katsukawashunsho

※東京デザイン専門学校サイトにおける上記に関する記事はこちら

http://www.tda.ac.jp/project/detail/?id=260